NEWS&EVENTS


「電通ベンチャーズ」、クリケットフラワー(コオロギ抽出タンパク)を使用した健康食品開発の米国「エクソ社」に出資

投資Post by fmc | 2016.04.25

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)と株式会社フィールドマネージメント・キャピタル(本社:東京都港区、共同代表:堀部大司、長谷川勝之)が共同運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下「電通ベンチャーズ」)は、コオロギから抽出したタンパク質粉末・クリケットフラワーを使用した健康食品を開発する米国の「Exo Inc.」(本社:ニューヨーク州、共同創業者:Greg Sewitz, Gabi Lewis、以下「エクソ社」)に出資しました。

 電通ベンチャーズは、まだ見ぬ未来をつくり出していく野心的なスタートアップ企業への投資と、投資先との協業を通した電通グループのオープンイノベーションを実現するために、昨年4月に設立したファンドです。資金提供のみならず、電通グループならではの課題解決に向けたソリューションやリソースを提供することで事業や起業家を支援しています。その第6号案件がエクソ社になりました。

エクソ社は、2014年に設立され、独自の技術によりコオロギから高純度のタンパク質を抽出し、精製、粉末化したクリケットフラワーの開発および同素材を使用したプロテインバー「exo」などの栄養価が高く持続可能な健康食品や食品原材料の開発をしています。現在米国で、ココアナッツ、バナナブレッド、アップルシナモン、ブルーベリーバニラ、ピーナツバター&ゼリー、バーベキュー、マンゴーカレー、オリーブの全8種類のプロテインバーを販売しています。同社はミシュラン三つ星を獲得しているシェフの監修の下、クリケットフラワーの食品原材料としての活用範囲を今後さらに拡大していく予定です。

電通ベンチャーズは、今後、世界的な人口増加により顕在化する食糧問題の一つの解決策として、環境負荷の少ないサステナブルな食品の価値がますます高まっていくと考えています。
今後、電通グループ及びフィールドマネージメント・キャピタルは、エクソ社が提供する革新的な未来型健康食品の普及・展開と同社による新しいビジネスの開発を支援してまいります。

 「exo」の製品画像ならびにエクソ社と電通ベンチャーズの概要は以下のとおりです

<exoの製品画像>

exopic

<エクソ社の概要>

社名: Exo Inc.
本社所在地: 米国ニューヨーク州ニューヨーク市
代表者: Greg Sewitz、Gabi Lewis(共同創業者)
従業員数: 7名
事業内容: クリケットフラワーを使用した健康食品の開発
URL: http://www.exoprotein.com/

<電通ベンチャーズの概要>

名称:電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(Dentsu Ventures Global Fund I)
ファンド総額:50億円
ファンド組成時期:2015年4月
運用期間:2022年3月までの7年間を予定
投資地域: 欧米・アジアなどの海外を中心に、グローバルに投資
投資ステージ:シード/アーリーステージを中心としつつ、ミッド/レイターステージも含む幅広いバランス投資
投資領域:
(1)広義のマーケティング/コミュニケーションビジネスを変革しうる領域
(2)上記に当てはまらなくともイノベーティブでポテンシャルの高い新領域
URL: http://dentsu-v.com/

space